ダイエット

ダイエット中、夜どうしてもお腹が空いたときの対処法

ダイエット中、どうしても夜にお腹が空くことがありますよね。

わかってるんだけど・・・夜の10時・・・お腹が空いてヤバイ・・・でも食べたら・・・でもお腹が空いた・・・ああ!もう!

なんてストレスがたまってたべちゃう…あ、私のことですね。

そんな甲斐性なしな自分でも、やり方次第ではガマンすることが出来ます。

根性ややる気よりも工夫次第で弱い心も何とでもなります。

というわけで今回はダイエット中、夜に食べたくなったときの対処法をご紹介します。

仕事が忙しくて夜が遅い人も参考にしてみてください。

【大前提】ダイエット中は寝る前3時間前は食べない

ネットで調べてる方はスデにご存知かも知れませんが、念のため。

みなさん感覚で夜食べるのはよくないというのはわかってるはず。

ダイエットを成功させるなら、寝る前の3時間は極力食事をしないのがオススメです。

ダイエットをするなら就寝中は胃の中を空っぽにしておく

寝るときにお腹の中が空っぽの状態だと、寝ている間に溜まっている脂肪が消費されます。

逆に胃の中に食事が残っていると、寝ている間に消化しきれずに残ってしまいます。

残ってしまった分はというと、そのまま脂肪になってしまいます。

寝る前に食べると太る、というのは余分な食事が脂肪になるからです。シンプルですね。

寝る前に食べると健康によくない

太るだけでなく、寝る前の食事は健康にもよろしくありません。

極力寝る前には食事を避けるように心がけます。

睡眠の質を下げる

溜まった栄養を消費するため、十分な睡眠ができなくなります。

飲み会で食べ過ぎた翌日がしんどいのもそのためです。同僚との飲み会で愚痴り合いが白熱しちゃって、つい飲んじゃったときの翌日がしんどいのもそのためです。

脂肪もつきやすくなるし、寝起きも悪くなるのでいいことは一つもありません。

消化器官に負担をかける

日中ではなく、体を休めてるときに動かすので胃腸に負担をかけてしまいます。

生活習慣病などの病気になりやすくなるので、よろしくはないですね。

特にお酒を飲んだときは最悪です。お酒を飲んで寝ると、腎臓も負担がかかるので、寝覚めも最悪になります。

若い人ならまだしも、年を取ることに胃腸の処理も弱くなりますので、負担をかけると病気につながる恐れもあります。

夜どうしてもお腹が空いたときの対処法

寝るまえに食べるのはよろしくないというのはわかったと。

でもどうしても夜お腹が空いて食べたくなったときはどうすればいいんだ!という話ですよね。

というわけで実際に自分が試している方法をご紹介します。是非参考にしてみてください。

早く寝る

お腹が空いて辛いなら、さっさと寝よう!というやり方です。ごり押しですが、これが一番健康的です。

空腹状態で寝ると胃腸が空っぽなので、その分脂肪が燃焼されます。

むしろ早く寝て朝食でがっつり食べたほうが健康的で、ダイエットにも効果的です。

どうせお腹が空いた状態で動いても辛いだけなので、さっさと寝て朝食べたほうがオススメですね。

カロリーが低い食事をする

もうガマンできない!何か食べたくてしょうがない!

そんな食いしん坊の方はガマンすると身体に毒なので、お腹に溜まりにくい低カロリーの食事がオススメです。

普段自分が食べているカロリーが低い食事を紹介します。

味噌汁

具が少ないタイプがオススメ。

あったかいので胃腸にもやさしく、大豆が身体にもいいのがポイント。

ゼリー

低カロリーで食感があるダイエットに便利な食事。女性もデザートとして楽しめます。

安いし保存が利くので、冷蔵庫に入れておくと便利。コンビニで買えるのもいいですね。

ヨーグルト

ダイエット食品といえばヨーグルト。

低カロリーで太らない、さらに胃腸の健康をよくする優れものです。

最近だといろんな種類が出ているので味も楽しめるのがいいですね。

プロテイン

寝る前に飲むと効果的。牛乳と一緒に飲むと結構お腹にたまって空腹感がまぎれます。

たんぱく質もたくさん取れるのでオススメ。筋トレしてない人でもOKです。

軽く運動する

夜遅くにお腹が空いたら軽い運動もオススメです。運動して空腹を紛らわそう!という力任せな方法です(笑)

筆者のおすすめはお腹の筋トレです。一種目2~3分でできるし、お腹周りを鍛えられます。

ただしやりすぎると今度は疲れすぎて睡眠の質が落ちるので注意が必要です。

ストレッチ程度の軽い運動がベストですね。

目標設定した紙を冷蔵庫貼る

バリバリの根性論です(笑)

 

部屋にダイエットの目標設定した紙を貼っておきます。

例えば「夜は絶対に食べない!食べたら一生もてない」ってな感じで厳しく書いた紙を書きます。

冷蔵庫に張っておくと、何か食べたいときに絶対紙が目に入るんですよ。

たったそれだけですが、本気で痩せたいならこれくらいやらないと中々続きません。

女性なら推しの男性の写真を貼っておいて、ルールを破ったら写真も破る!ってな勢いでやるのもオススメです(本気でダイエットしたいならね)

ダイエットにおすすめ!間食で空腹状態を減らす

 

夜どうしてもお腹がへるなら、夜にお腹が減らないようにするのもオススメです。

やり方は簡単、太らない程度に間食をすることです。

間食と言うと悪いイメージがありますが、やり方次第ではダイエットに効果的なんですよ。

とくに忙しい社会人の方にはオススメです。

夜の空腹状態は間食で紛らわす

夜になるとお腹がなってどうしてもラーメンが食べたくなっちゃうときってありますよね。

夜にお腹が空いているとお酒も飲んじゃってつい食べ過ぎになります。

それを防ぐには夕方ごろの間食で空腹状態を減らすようにします。

子供のときに「夕食前におやつを食べると晩御飯がまずくなる」と言われたと思います。

それと同じで間食をして食欲を抑えておくと夜食べ過ぎを防ぐことができます。

夕方におにぎりやサンドイッチを食べておく

間食のコツはおにぎりやサンドイッチなど手軽に買えるものがオススメです。

おにぎり一個くらいならそこまでカロリーも高くないし、腹持ちもよく、コンビニなんかで気軽に買えるのがポイントです。

夜遅くなりそうだなぁ~と思ったら休憩時間の間にササっと食べておきましょう。

残業が続いて夜食べる時間が無い人もおすすめです。

まとめ:ダイエット中、夜食べたくなったら工夫しよう

夜にお腹が空くと、どうしても心が緩んでしまうのが人間です。
根性で対処せず、工夫と仕組みづくりで夜の食欲を抑えていきましょう。

オススメは間食で食欲を減らすこと。夜の食べ過ぎを減らすだけでもダイエット効果は抜群です。

食事改善と同時並行で筋トレをするのもオススメです。空腹を紛らわせますし、リバウンドしにくいカラダになるので社会人にもオススメです。

本気でダイエットするなら是非参考にしてみてください。