page contents
通勤中や仕事中でも運動ができる~オススメの加圧シャツはこちら
ダイエット

働く男性が効率よく痩せるなら絶対覚えておきたいダイエットの基礎知識

ダイエットを始めるなら基礎知識を身に着けよう!

働いている方でお腹周りの脂肪を落としたい、健康診断でメタボといわれたのでなんとかしい、デブだから痩せてモテたい・・・

などなど、ダイエットを頑張りたいというサラリーマンの人も少なくないと思います。

とはいえ、ネットや雑誌、本を見るといろんなダイエット方法があって結局何をすればいいかわからない!と悩んでいませんか?

そこでややこしいダイエットの方法をわかりやすくする為に、今回はダイエットを会社経営に置き換えて説明します。

ダイエットは会社経営と同じ!

筆者もいろんな本を読んで勉強したんですが、結局やってることって健全な会社経営とほとんど同じなんですよ。

ダイエットのルールは非常にシンプルです。いろんなダイエット方法がありますが、痩せる”法則”は今も昔もほとんど変わりません。その法則さえしっかり抑えていれば必ずダイエットは成功します。

どうやったら痩せるのか
何をしたらやせるのか

正しく痩せる方法を知ってると知ってないではダイエットの成功率が大きく変わります。

筆者も昔の自分に「ダイエットするならまず勉強が大事やぞ!」とタイムマシンに乗って言いたいくらいです笑。

というわけで今回は仕事で忙しい社会人でも効率よく痩せるために絶対覚えて欲しいダイエットの基礎知識を紹介します。

ややこしい・難しい理論などは抜きにして、明日からでも実戦できる基礎中の基礎なので要チェックですよ!

ダイエットは会社経営と同じ!~痩せるなら自分の身体をマネジメントせよ!

「ダイエット 方法」で調べるといろんなダイエット方法が出てきて結局何がどうしたら痩せるか、全然わからないんですよね。

なのでもっとシンプルに、わかりやすく考えましょう。働く人でもわかりやすいようにたとえ話をしますと、

ダイエットは会社経営と同じ

だということです。

いろいろダイエットについて調べましたが、やせる方法と健全な会社経営って実は凄く似てるんですよ。

ダイエットを会社経営に置き換えると、ややこしかったダイエットの方法も一発でわかるようになります。

アナタは自分の身体を経営している最高責任者です。

健全な経営をしている会社とはどのような会社でしょうか?

売上が出ている

利益が高い

コスト(販管費など)が低い

すごくざっくり言うとこんな会社です。売上をしっかり出して、コストは無駄なく削減。まさに理想の会社経営ですね。

逆に”不健康”な会社はといいますと

売上が少なく

利益が低く

無駄なコストが多い

という会社です。コレを人に置き換えますと、

運動量が少なく(売上が少ない)

代謝量が低く(利益が少ない)

食べる量(カロリー)が多い(コストが多い)

という状態です。

つまりアナタの体がぶくぶく太っているということは、売上が少なくてコストが高いという最悪な経営を行っているということです。早く改善しないと倒産してしまいますね笑。

じゃあ会社=アナタの身体を健全な状態にするには、

運動量を増やして

代謝量を増やして

食べる量(カロリー)を減らす

と言う風にすればOKということです。

・・・そんなの当たり前な話じゃないか!と起こられそうですが、この基本が出来ていないからあなたの体はでっぷりとしたお腹になっているんですよ。

具体的にどうやって痩せていくかは後ほど説明しますが、まずはダイエットを行うということは、自分の身体を健全に経営することだ!とイメージしていただくと凄くわかりやすいと思います。

ダイエットはカロリー収支の管理が命!痩せる法則を覚えるべし!

会社はお金で動いていますが、人の体はどのようにして経営が成り立っているのでしょうか。

それは

カロリー収支

です。会社がお金の管理をするように、ダイエットを成功させるならカロリーの管理が命だということです。

はい!ここでダイエットの絶対的な法則を紹介します。テストに出るので絶対覚えてください!

痩せる為に絶対覚えるべき法則

消費カロリー<摂取カロリー⇒太る

消費カロリー=摂取カロリー⇒現状維持

消費カロリー>摂取カロリー⇒痩せる

 

多くの挫折したダイエッターはこのカロリー収支がちゃんと意識していません。一生懸命ランニングしたのに痩せない!というのは結局摂取が消費を上回っている(消費量が少ない)だけなんですよ。

ダイエットの目標は消費カロリー(基礎代謝+運動代謝)>摂取カロリー、つまりマイナスを維持し続けることです。

体重が増えるのも、減るのも、変わらないのも、全てはこの「カロリー収支」次第で決まります。

古今東西様々なダイエット方法がありますが、結局痩せるにはカロリーをどうするかがポイントなんです。

カロリーが全てです。

会社に置き換えるともっとわかりやすいと思います。

営業活動で売上・利益を上げを抑えると黒字(収支>費用)

営業活動で売上・利益(消費カロリー)、費用(摂取かロリー)が増えると赤字(収支<費用)

経営者がお金の流れを管理するように、いかにしてカロリー収支をコントロールするかがダイエット成功のカギというわけです。

よくリバウンドした~!というのは結局のところ摂取カロリーが消費カロリーを上回っているだけの話です。

ね、こうしてみるとダイエットって会社経営と似てますよね?

どれだけのカロリーをマイナスすれば痩せるのか?

じゃあ具体的にどれだけのカロリーをマイナスにすればいいのでしょうか?

はい!ここでもう一つの法則が出てきます!これもノートにメモしてください!テストにでますよ!

カロリーの公式

体脂肪1kg=7200カロリー

アナタが毎日気にしてるでっぷり太ったお腹はほとんどが脂肪です。すっきりとした見た目になるにはその脂肪を減らす必要があります。

その脂肪をおとすのに必要なのが7200カロリーなんです。

では先ほど紹介した公式を組み込むと、

(消費カロリー)-(摂取カロリー)=7200カロリー=1kg

という式になります。

つまり体重を減らすためには消費と摂取の差が-7200カロリーになるのを続ければいいということです。

例えば(消費カロリー)-(摂取カロリー)=500カロリーだとしたら、ざっくり15日で脂肪を1kg落とせるという計算です。

ちなみに脂肪が1kg減ると、男性ならウエスト-1cmという変化がおこります。結構でかいですね。

常に消費と摂取の差がマイナスになるように日々の生活で意識するようになるだけでも、なんとなく取り組むよりダイエットの質は大幅に変わります。

では具体的に摂取カロリーと消費カロリーについて詳しく説明していきます。

痩せる為の基礎知識:摂取カロリーについて~そもそもカロリーって何?

まず摂取カロリーについて説明します。・・・その前にそもそも”カロリー”って何?って話ですよね。なんとなく言葉は知ってるけど、結局どういうものなんでしょうか?

カロリーとはざっくり説明すると人が活動するのに必要なエネルギーです。会社で言う資金ですね。カロリーが足りないと最悪栄養失調になって体調を崩します。

そして人は食事から栄養を取って、その栄養からエネルギー、つまりカロリーを摂取します。

で、カロリーを取る栄養は”タンパク質、脂質、糖質”の3大栄養素がメインとなります。

それぞれの栄養素は1gあたりどれぐらいのカロリーがあるのか、これを覚えましょう。(今回はプラスしてアルコールも入れてます)

栄養素1gあたりのカロリーの量

脂質 9kcal

タンパク質 4kcal

糖質 4kcal

アルコール 7kcal

糖質は、お米やパスタ・ラーメンなどの麺類、お餡や果物お菓子などに多く含まれています。

脂肪は、肉や魚の脂肪、サラダ油やオリーブオイル、オイル系のドレッシングなどに多く含まれています。

たんぱく質は、肉や魚や卵、大豆製品、乳製品などに多く含まれています。

こうしてみると脂質が一番カロリーが高いんですね。脂っこいものis高カロリーなのもこの法則で見ると一発でわかります。

食べないダイエットは危険!薄給のブラック企業と同じだぞ!

ん?摂取カロリーが少ないならやせるんだろ?じゃあそもそも食べなきゃ簡単に痩せるんじゃないか?

とカンのいい人なら気づくと思います。ですが食べないというのはあまりよろしくありません。なぜなら栄養が足りなくなるからです。

食べないダイエットと言うのはやってることは「コストを減らすなら従業員の給与を減らせばいいじゃないか!」と考えるブラック企業の経営者とやってることは一緒です。

従業員だってたくさん給与もらったほうが働きますよね?それと同じでしっかり栄養を取らないとダイエットは成功しませし、なによりつづきません。

かといって給料を上げすぎると今度はコスト(カロリー)が高くなりすぎて経営が悪くなってしまいます。

要はカロリーは取りすぎず、減らしすぎないというバランスが大事というわけです。

痩せる為の基礎知識:消費カロリー~どれだけ運動すれば痩せれる?

消費カロリーは文字通り動くと消費するカロリーです。ランニングなどの運動、日々の活動で消費されます。

はい!またまたテストに出る法則を紹介します。単純に消費カロリーは

基礎代謝+運動量(生活活動代謝)

で決まります。

基礎代謝:生命維持のために必要最低限なエネルギー
生活活動代謝:仕事や運動で消費するエネルギー

基礎代謝は言い換えるとなにもしなくても消費するカロリーのことです。会社の維持費のようなものです。

基礎代謝は基本的には大幅に上下はしません、しかし年齢とともに減少していきます。

単純に消費エネルギーを増やすなら有酸素運動をするのがベストです。

有酸素運動というとランニングなんかをイメージしますが、別にまとまった時間を走ったりする必要はなく、一日の総合運動量が大事なんです。

有酸素運動は20分以上じゃないと脂肪が燃えないという話がありましたが、どうも最近の研究では身体を動かした時点ですでに脂肪は燃えるようになっているとのこと。

ということは毎日階段を使ったり、一つ前の駅で降りて歩いたりするだけでも有酸素運動をしているということになります。

一日の消費カロリーの計算方法

消費カロリーは基礎代謝+運動量と説明しましたが、では一日にどれくらいのカロリーを消費するのでしょうか。

いろんな計算方法があるのですが、ここでは筋トレ社長の書籍に紹介されていた計算式を紹介します。

男性の一日の基礎代謝の計算方法

10×体重(kg)+6.25×身長(cm)−5×年齢+5=基礎代謝

この基礎代謝に日々の運動量をプラスします。

男性の一日の消費カロリー計算方法

アクティブ度が低い人(基礎代謝×1.2)
座り仕事が多く、一日の運動は偶に歩いたり階段を上ったりする程度の人。

アクティブ度がまあまあの人(基礎代謝×1.55)
立ち仕事や重労働が多く、比較的一日中動き回っている人

アクティブ度がかなり高い人(基礎代謝×1.725)
立ち仕事や重労働が多く、それに加えジムでトレーニングを行ったり運動をしている人

参考:DIET GENIUS「マクロ計算シミュレーター」

 

【要チェック】カロリー収支を意識した効率よく痩せる最強の方法

これで大体カロリーの収支について理解できたと思います。

先ほどの公式を思い出してください。

痩せる為に絶対覚えるべき法則

消費カロリー<摂取カロリー⇒太る

消費カロリー=摂取カロリー⇒現状維持

消費カロリー>摂取カロリー⇒痩せる

ということは消費カロリーを最大限増やしつつ、摂取カロリーを最大限減らしていけば必然と痩せるようになるわけです。

会社経営なら「売上(利益)を最大化しつつ、コスト(費用)をギリギリまで下げる」ことを続ければいいということ。

具体的にどうやるのか?方法は2つ。

食生活改善(減量)と運動(筋トレ)

です。雑誌やネット・テレビで様々なダイエット方法が紹介されてますが、あんなのに惑わされてはいけません。

食事と運動。これが一番シンプルで確実なダイエット方法なんです。

食生活改善で摂取カロリーを減らす~一番確実に効率のいいダイエット方法

忙しい社会人でも確実に、効率よくダイエットする方法、それが食生活改善です。

というかダイエットを成功させたい社会人は食生活改善を行えば9割がた成功しますってレベルです。

なぜこれほど食生活改善が必要なのかといいますと、非常に楽でシンプルで取り組みやすいからなんです。

先程の公式を思い出してください。

(消費カロリー)-(摂取カロリー)=7200カロリー=1kg

痩せるには消費を増やすか、摂取を減らせばいいということがこの公式からわかります。

ということはですよ、毎日1時間ランニングするのと、毎日ラーメンやビールをガマンするのと、どっちの方が取り組みやすいかってことですよ。

当然毎日ラーメンやビールを我慢したほうが楽だし早いですよね。(我慢するのはきついですけど笑)

会社で例えるともっとわかりやすいと思います。

例えば粗利率が10%として、100万円利益を出すのに必死に1000万円分の売上を出すために営業するよりも、残業代を減らしたり、コストを削減して経費を100万円削減したほうがまだ簡単ですよね?

そうなんです、必死こいてランニングするよりも、結局毎日の食事をすこしつづ変えたほうが”結果にコミット”しやすいんですよ笑。

まずダイエットをするなら日々の食事を改善したほうが効率よくやせることができます。覚えておきましょう。

食事を減らすだけではNG。栄養バランスも意識しよう

またダイエットといってもただ食事を減らせばいいというわけではありません。

カロリーを減らしただけでは栄養不足になる可能性もあります。カロリーだけでなく栄養バランスも意識するのが正しいダイエットです。

同じカロリーを取るといってもラーメン500カロリーとサラダで500カロリー、どっちが栄養豊富かは歴然ですよね(もちろん献立のバランスも重要です)。

普段食事がラーメンばかりと言う人はカロリーを減らすのに加え、栄養バランスも踏まえた食事全体を改善するように取り組みましょう。

ただ日頃からカロリーを制限しつつ栄養を補給するのは中々難しいと思います。めんどくさい!という人はサプリメントを利用するのも一つの方法ですね。

ダイエットに効果的なサプリメントはこちら>>お腹周りの脂肪を落とす!働く男性にオススメのサプリメント3つ厳選

お腹周りの脂肪を落とす!働く男性にオススメのサプリメント3つ厳選社会人の方で気づいたらお腹周りが出はじめて、スーツ越しでも人目でわかるくらいお腹が出ている!健康診断の結果肥満といわれた! などな...

運動で消費カロリーを増やす~筋トレでかっこいい体に改善しよう

ダイエットする手っ取り早い方法は食生活改善ですが、食事だけでは完璧なダイエットとはいえません。会社だってコストを下げるだけでは事業は拡大できませんもんね。

そこで必要なのは運動です。当ブログでオススメしている運動は筋トレです。

筋トレは会社に例えるなら稼ぐ力をつけるようなもの。食生活改善で無駄なコストをカットしながら、筋トレで体を鍛えることで細マッチョになるというわけです。

ダイエットをするならぜひ食生活改善に加えて週2~3回の筋トレを取り組むことをオススメします。

関連記事>>筋トレするなら週何回がオススメ?社会人なら週2~3回がベスト!

食生活改善だけじゃカッコよく痩せない~痩せたいサラリーマンこそ筋トレをオススメする理由

ぶっちゃけ痩せるだけなら食生活改善でもいいんですが、それだと筋肉が発達せず、非常に貧相な体に変化してしまいます。

せっかく痩せるならスーツがビシッと似合うかっこいい体になりたいですよね。そのためにも筋トレが必要になってくるんです。

というのも先程の公式、消費カロリー>摂取カロリー⇒痩せるを続けると、脂肪もへりますが、同時に筋肉も減ってしまいます。

これも会社経営で例えるとわかりやすいですね。

カロリー収支をへらすということは、コストをカットするということ。コストカットは人件費をへらしたり、投資をへらす必要があります。

なのでコストを減らし続けると、人員が減って設備も限界が来るので稼ぐ力もふえなくなります。リストラしたり事業売却をするとコストは減りますが、その分生産性は落ちますよね?

同じようにカロリーが下回ると脂肪だけでなく、維持するためのエネルギーがなくなるため筋肉も減ってしまうんです。いわばリストラのようなものですね。

結果として食生活改善”だけ”だとひょろっとした頼りない体になってしまうんですよ。それを防ぐのが筋トレです。

筋トレをすることで筋肉が強くなるため、脂肪が落ちても筋肉は落ちにくくなるんです。

人員削減のために”脂肪部”の社員をリストラすることで、成果の出ている”筋肉部”の社員を残すことで結果的に増やすというわけなんですね。

すると体つきも筋肉質になってかっこいい体になる、というからくりなんです。

他にも筋トレをすることでストレスを発散したり、やる気をだすなどいろんなメリットがあるので、ダイエットをする人は是非筋トレを取り組んでみてください。筋肉は裏切らない!

関連記事>>【脱ストレス】社会人の悩みの99%は筋トレで解決できる!実際に感じたメリットや効果を紹介

消費と摂取のバランスが大事!ダイエットは長期的な目線で見よう。

ダイエットで重要なのは消費と摂取のバランスを意識することです。

いくら消費しても摂取量が多ければやせれませんし(相撲取りのような体になります)、摂取を極端に減らしても健康的に悪いしリバウンドする恐れもあります。

ライザップのように短期間で痩せる!というと魅力を感じますが、痩せた後のカラダを維持し続けるのは大変です。

リバウンドや継続するためにも大事なのは消費と摂取のバランスを整えながら、コツコツ続けていくことがダイエット成功のカギです。

ベンチャースピリッツよろしくスタートアップで一生懸命するのも大事ですが、企業を存命していくのもまた経営者の使命でもあります。

大事なのは長く続けること。継続は力なり、ローマは一日にして成らずといいますが、ダイエットもまさにそのとおりですね。

より結果を求めたいならサプリメントやグッズを活用する

基本的にダイエットは消費>摂取さえ続けていれば誰でも痩せるようになります。

・・・そうは言っても中々理想的な食事や運動をすることは難しいと思います。特に働いているとうまく時間が取れないこともありますよね。

そんな働き盛りの人でも効率よく痩せる方法はサプリメントやグッズを利用することです。

当然お金もかかるので金銭面的に負担がかかります。ですが、効率よく痩せるならこうしたサプリメントに投資するのも一つの方法です。

筆者は通勤中の運動効率を高めるために加圧シャツを利用してますし、他にも急な飲み会がある時などは脂肪燃焼系のサプリメントを利用しています。

安くはないんですが、こういった補助を使うことで忙しくてもより効率よく痩せるように心がけてます。会社でもツールを利用して生産性を高めるのと考え方は同じです。

忙しいサラリーマンだからこそ、サプリメントなどに投資する!という考えを持っておくことがダイエット成功のコツです。

当ブログでも筆者が厳選したサプリメントを紹介してますので、興味がある方はぜひチェックしてみてください。

オススメの加圧シャツはこちら>>加圧シャツおすすめ5選~忙しい社会人でも使いやすい&効果で厳選!

オススメのサプリメントはこちら>>お腹周りの脂肪を落とす!働く男性にオススメのサプリメント3つ厳選

まとめ:サラリーマンが痩せるならカロリー収支を徹底すべし!

最後になりますが、もう一度重要なのでおさらいしておきます。

痩せる為に絶対覚えるべき法則

消費カロリー<摂取カロリー⇒太る

消費カロリー=摂取カロリー⇒現状維持

消費カロリー>摂取カロリー⇒痩せる

ダイエットは摂取カロリー<消費カロリーを維持する!

ダイエットはカロリーの管理が大事です。すると必然的にカラダは痩せていきます。

そしてカロリーの目安は体脂肪1kg=7200カロリーです。この数値がアナタのノルマになります。毎日摂取と消費の差がマイナスになるように日々努力することが近道なんです。

テレビやネット、雑誌でいろんなダイエット方法が紹介されていますが、惑わされずにまずはこの公式を覚えましょう。痩せる方法はすべてこのカロリー収支で決まります。りんごは重力によって木から落ちるように、この計算式が絶対です。

ダイエットの基礎知識を覚えたら次は具体的なダイエットの計画を立ててみましょう。

知識だけではダイエットは成功しません。仕事で計画表を作るように、ダイエットもしっかりとスケジュールを管理することが成功のコツになります。

次の記事では具体的なダイエットの計画の組み立て方を紹介します。是非参考にしてください。

ステップ②:ダイエットを成功させる目標設定の方法