ジム

筋トレはジムか自宅どっちがいい?社会人ならジムがオススメ。メリットや理由を解説

筋トレするならジム?自宅?どっちがオススメ? (1)

社会人になって運動不足だからスポーツジムへ行って運動するか!

とはいえスポーツジムも安くないし、ネットで調べたら自宅でもマッチョになれるとも書いてるし・・・ん~ジムに行くべきか、自宅でやるべきか・・・どっちがいいんだ・・・?

 

ぶっちゃけいうと、結論はジムと自宅どっちでもいいです。大事なのは場所じゃなくて筋トレの内容です。アナタがやりやすいほうを選ぶのが正解です。

とはいえ、筆者個人の意見としては、社会人が筋トレをするとしたらジムがオススメです。

なぜならお金さえ払えば満足に筋トレができる環境・道具をすぐに揃えられるから。プラスでトレーナーやパーソナルトレーニングをつけることができるので、忙しい社会人ならなおさらジムがオススメです。

というわけで今回は社会人が筋トレするならジムに通うべき理由・メリットを説明します。

筋トレするならジムか自宅かはアナタの環境によって変わる

先に結論を申し上げますとジムか自宅どっちがいいかといわれたらぶっちゃけどっちでもいいです。どこで筋トレをしようがしっかりトレーニングさえしてれば場所は関係ありません。

自宅でやるか、ジムでやるかは通い安さや続けやすさといった切り口で考えたほうが良いでしょう。

例えば近くにジムがあってちゃんとトレーニングしたいという人はジム、お金をかけたくないし近くにジムが無いという人は自宅、という感じですね。

では実際にそれぞれの特徴を踏まえて説明していきます。

お金に余裕があるならジム。お金をかけなたく無いなら自宅

まずコスト面ですが、お金に余裕があるならジムがオススメです。

後で書きますが、やっぱりスポーツジムは設備が充実していて相談できる人がいるからです。

筋トレの環境が整っているのでしっかりとトレーニングができるのはうれしいところです。

当然ジムに通うならジムの会費や利用料はかかります。市営なら500円ほどですが、いいところのジムだと8000円~12000円はかかってしまいます。中々高いのがネックですね。

どうしてもお金がない!コストを安く抑えて筋トレしたいという人は自宅がベターですね。

場所さえあれば筋トレが出来るしグッズをそろえたらそれなりのメニューが自宅で出来るようになりますので、自分で筋トレの環境をつくるのもありです。

近くにジムがなければ自宅で筋トレ

ジムは筋トレするには便利なんですが、近くに無いとジムに通うのがちょっと面倒です。

都市部などで駅の近くにジムがあればオススメしますが、近くに施設がない人は自宅で行うのがオススメです。

というのもジムが遠いとどうしてもサボりガチになって結局ジムに通わなくなるケースが多いんですよね。

幸い自分は近くにジムがあったので、週3で通えますが、車や電車で1時間かかるならちょっと考えたほうがいいかも知れません。

ジムに通う時間が長いのであればその時間を筋トレに当てたほうが効率的です。グッズを使えばそれなりのメニューができるので一度試してみるのもいいかもしれません。

筋トレしやすさはジム。自宅は環境を整えるのが大変

とはいえ筋トレのしやすさは圧倒的にスポーツジムですね。

筋トレマシンなどの設備が整っているのはもちろん、トレーナーの人に相談できたりイベントに参加したりできるのがメリットです。

ダンベルやベンチは自宅でも買えますが揃えるのが大変です。今では安くグッズを買うことが出来ますが、本格的にそろえるとしたらお金と場所が必要になります。

あわせて読みたい
忙しい社会人が筋トレするならジムがオススメ!ジムのメリットを紹介!最近全然運動してないし、よし、痩せるために筋トレしよう! ・・・とはいったものの、筋トレするならやっぱりジムに通ったほうがいいのか...

ジムのメリットはトレーナーに質問できること。自宅筋トレは基本独学

自宅と違い、ジムのメリットは気軽に質問できるトレーナーがいることです。

ジムには基本トレーナーがいて気軽に相談することが出来ます。またジムによってはお金を追加してマンツーマンでトレーニングできるのでいろいろ質問できるのがポイントです。

一方自宅の筋トレは基本独学になります。最近はネット(このブログもよろしく!)や動画で知識やフォームを無料で学べることができます。

その分自宅だとコーチングの料金はかかりませんので、コストを抑えたり知り合いにトレーナーがいたら自宅でも十分OKです。最近だと動画でも初心者に優しい動画がたくさんあるのがうれしいですね。

ただフォームが間違っている場合は教えてくれる人がいないのが怖いんですよね。自分では合っていると思っていても実は間違っていた・・というリスクがあります。

なのでまず自宅で筋トレして違和感を覚えたらジムへ、ある程度筋トレ知識がある人は自宅でつづけるというやり方がオススメです。

ジムはモチベーションを上げやすい。自宅は一人で筋トレ

ジムはいろんな人がトレーニングをしにいきます。自分みたいな痩せたいサラリーマンもいればガチでマッチョな人もいるし、ボディメイクしたい女性も使います。

ジムでは多人数でやるプログラムもあるので人の目があったり交流があるのがポイント。筋トレ仲間を作ったり、共通の趣味仲間を見つけたい人にはオススメです。

一方自宅での筋トレは基本一人です。誰も邪魔することもないし、自分のペースで黙々と筋トレすることが出来ます。自分のペースで自由にできるのが自宅トレーニングのメリットです。

一人が好きな人はオススメですが、人の目が無いとサボりがちな人は工夫する必要がありますね。それに自宅だとつい緩みがちになってサボっちゃう・・・何てことも(自分もそれで失敗しました)

筆者オススメはジムでトレーニング。筋トレ初心者はジムへ行こう

じゃあ結局どっちがいいの?といわれたら筆者の意見としてジムをオススメします。

ジムのメリットは筋トレの方法を学べることです。特に右も左もわからない筋トレ初心者の方にこそジムで基本を学んで欲しいと思ってます。

独学でもOKですが、効率よく痩せたい・鍛えたいならトレーナーに聞くのがオススメです。自分も体重を測定してもらい、トレーナーの人にどういう筋トレをしたらいいのか教えてもらいました。

今でもちょくちょくトレーナーと相談して続けています。独学では気づかないことや相談を乗ってもらえるので結構助けてもらってます。(トレーナーと仲良くなるとジムに行くモチベーションも上がるというオマケつき)。

あわせて読みたい
How To Use GYM
初めてジムを使う人へ~ルールやマナー、用意する物や使い方をこっそり教えます今年から本格的に運動するぞ!と意気込んだのはいいものの、ジムに通うのは初めてだし、ルールやマナーは何を注意したら良いかわからない・・・ ...

お金が無い、近くにジムが無いなら自宅が続けやすい

どうしてもお金が無い、お金をかけたくない、または近くにジムがない!という人は自宅で筋トレするのがベターでしょう。

自宅なら時間を気にする必要はありませんし、器具さえそろえばお金はかかりません。

ですが独学でやらないといけない、基本一人でやるというデメリットがあります。

自宅だからといって筋トレの効果がないわけではありません。自宅の筋トレのみで腹筋を割った人もいますし、要はやり方次第ですね。

最近では安くて効果のある筋トレグッズもたくさん売っているので、環境を整えたいという方は投資してみるのもありですね。

もっとお金をかければ効率がアップします、ジム代が惜しいという人はグッズ代に投資してみてはいかがでしょうか。

筋トレはジム・自宅どっちでもOK!自分の環境にあわせて選ぼう

というわけでまとめると、

筋トレ初心者(筋トレの知識がない人)・ラクに筋トレの環境を作りたい人はジム。

ある程度筋トレに慣れてるor近くにジムがない・お金を極力かけたくない人は自宅がオススメです。

ジムはトレーナーさんにメニューやフォームを見てもらえるので近くにある人で本気で筋トレに取り組みたい人は是非ジムをオススメします。

ある程度筋トレに慣れている人は自宅でグッズをそろえるという手もあり。ジム代よりかは安い投資で充実した筋トレをすることができます。

筋トレは場所よりもどんなメニューをこなすかがポイントです。ジムでも自宅でも場所はそこまで重要ではありません。自分が筋トレしやすい場所を選んでトレーニングを頑張りましょう!

あわせて読みたい
サラリーマンが筋トレを1年間続けたらすこしだけ人生が変わった話ネットで「筋トレ メリット」なんて調べると、大体の記事で書かれてることといえば、 筋トレをすれば悩みの99%は解決できる。 ...