通勤中や仕事中でも運動ができる~オススメの加圧シャツはこちら
ダイエット

残業で忙しい人のためのダイエット食事法~食べ方一つで痩せれる!

社会人になってスーツ周りがきつくなった、健康診断で肥満だよ!という診断を受けた。

よしダイエットをして痩せるか、とは思ったけど残業続きで運動する時間がない!

ええい!考えても無駄だ!ビールを飲んでリラックスするぞ~!

 

・・・そんな感じで仕事に追われつつ、脂肪も増えつつの生活をしている社会人の方も少なくないはず。

ダイエットしたいのはわかってるけど、残業続きでいそがしくってさぁ~運動するやる気が起きないからさぁ~

と、このままでは一生肥満からは脱出できません。もし本気で痩せたいなら残業で忙しくてもできるダイエットがあります。

それは食生活をちょっとだけ工夫すること。無理な食事制限はひつようありません!

ちょっとのコツでもダイエットはできます。あとはやるかやらないかです。できるサラリーマンは忙しいは言い訳にはなりません。工夫次第でダイエットも成功できます。

 

というわけで今回は残業続きで忙しいひとでもできるダイエットの食事法をご紹介いたします。

残業が忙しくてダイエットできない人は食事の取り方を変える

残業が続いてダイエットの時間が取れずに太ってしまう、と悩んでる人が多いと思います。

よく運動不足だからと言う人がいますが、それ以上に食事の取り方がまずくて太ってる人がおおいんですよ。

運動する時間がない人はまずは食生活から見直してみましょう。

摂取カロリーを減らせば太らなくなる

自分も筋トレを始める前はとにかく食べたいものをたくさん食べる、という生活が続いてました。

食生活を変えてからは(筋トレしたのもありますが)体重も減ってきました。

なんでかといえば、全体の摂取カロリーを減らしたからです。

いくら食事に気を使っていても、一日の摂取カロリーの合計が消費カロリーを越えていたら太ります。

言い換えると、誰でも消費カロリー>摂取カロリーになれば太らなくなります。

どれだけ忙しくても、摂取カロリーの取り方を気をつければ痩せるチャンスはあります。

運動するより摂取カロリーを減らしたほうが効率的

ダイエットのために毎日ランニングしなくちゃだめなの・・・?

と不安に思うかもしれませんが、そこまで心配する必要はありません。

確かにランニングなんかの有酸素運動を取り入れたほうが健康にも良いですが、どうしても時間が無い場合は食事で改善するほうが効果的です。

同じ300カロリーを減らすのに・・・

  1. 毎日1時間ランニング
  2. 毎日スイーツを我慢する

どっちが楽かというと・・・当然2番ですよね。忙しくて時間がない人こそ食生活を改善したほうが楽にダイエットができるんですよ。

では実際に自分も取り組んでるダイエットの食事方法を紹介していきます。

仕事で忙しい人の食事法①摂取カロリーを意識して減らす

ダイエットのポイントは摂取カロリーの量です。

先程も説明しましたが、痩せるには摂取カロリー<消費カロリーにする必要があります。

 

ちょっと面倒ですが、まずは普段の食事でどれだけカロリーを摂取しているか計算してみてください。

意外と高い数字になるはずです。まずは極力摂取カロリーを減らしていくように意識します。

コンビニ弁当など太る食べ物はNG

カロリーを把握しようね!とか言いつつ、自分は細かいカロリー計算はしてません。だってめんどくさいんだもん・・・

ですが明らかにカロリーが高いものは控えてます。

代表的なのはコンビニ弁当。忙しいときに頼りになるやつですが、ダイエットをしたいのであればなるべく控えましょう。

他にも揚げ物やおやつなどは高カロリーで太りやすい食べ物は控えるようにします。

高カロリーの食事を減らすだけでも全体の摂取カロリーを抑えることができます。

ダイエットでも栄養をしっかり取る

ダイエットだからといってまったく食べないのはNGです。栄養不足で今度は仕事に支障をきたして、負のスパイラルに陥ります。

コンビニ弁当を買うなら、サラダやお肉など栄養がある食事に変えていったほうがダイエットを成功させやすくなります。

 

また多少お金はかかりますが、どうしても忙しいときにダイエットサプリやスムージーを使うのがオススメです。

低カロリーなのに栄養がたくさん入っており、少ない食事量でも栄養をたくさん取れる優秀な食品です。

もちろんダイエット食品を食べたからといって痩せるわけではないので、日頃の摂取カロリーには注意しましょう。

仕事で忙しい人の食事法②夜遅くなったら食べない

夜遅くに食べると太るということを聞いた方も多いと思われますが、まさにその通りです。

残業した後は夜帰るのが遅くなりがち。でもぐっと我慢して食べないようにします。

就寝3時間前は極力食べないようにする

ダイエットをするのであれば、就寝3時間前は一切食事をしないようにしましょう。

 

残業で家に帰るのが9~10時になるときもありますよね。

そこからご飯を食べるのはNGです。

22時以降は体の仕組みで太りやすくなるようになっています。また寝ている間は消化する力が減りますのでそのまま脂肪になりやすいんですよ。

夜に食べると太るだけでなく健康にも悪い

夜に食べると太るというのもありますが、夜に食べると健康的にもあまりよろしくはありません。

特に会社の付き合いや同僚との飲みで夜遅くまでお酒を飲んで食べると思います。

飲んだ後のシメのラーメンが美味いんだよなぁ~

そんな感じで寝る直前まで食べて、すぐに寝ると消化不良で脂肪になるばかりか、アルコールも分解できずに腎臓に負担がかかります。

寝起きも悪いし口も臭くなるし太るので、なるべく夜はお酒も食事も控えるようにしましょう。

たくさん食べるなら朝と昼に食べる

食べるのであれば朝とお昼がベストです。自分もお昼は好きなものを食べるようにしてます。ランチで好きな食べ物を食べると午後の仕事もはかどります。

(とはいえ油が多すぎるものは控えてます)

朝と昼なら体が活発に動いているため、消化しやすいベストな状態を保つことができます。

夜どうしてもお腹がすいたらさっさと寝ましょう。早起きしてゆっくりたくさん食べたほうが健康にもバッチリです。

仕事で忙しい人の食事法③間食で空腹を減らす

仕事で忙しい人は間食がオススメです。

間食というと太るイメージがありますが、あれはスイーツなど太る食べ物を間食してるからです。

やり方次第ではダイエットに効果があるのでオススメですよ。

間食で空腹状態をなくす

間食のポイントは空腹状態を減らすことです。

お腹がペコちゃんだと仕事に支障をきたすおそれがあります。(会議中にお腹がぐーってなるの、恥ずかしいですよね・・・

空腹状態だとついドカ食いしてしますから、ダイエット的に空腹状態はよろしくありません(精神的にも

そこで間食を取り、空腹状態を作らないようにします。

カロリーが低く、栄養価が高い食べ物だとダイエット効果もあるのでオススメです。

仕事の休憩時間にも済ませれるのが便利ですね。

夕方の休憩時間に間食で済ます

寝る間に食事をすると太ると書きましたが、何も食べないと夜にお腹が空いて大変ですよね。

そこで夕方の休憩時間(もしくはスキを見て)間食します。

間食をするとお腹が減っている状態がすくなくなるので、夜帰ったときでもご飯を我慢できるようになります。

どうしても遅くなりそうなときは休憩時間の間に(もしくはトイレに行くふりをして)おにぎりやバナナを食べておくのがいいですね。

間食はおにぎりやサンドイッチ、バナナがオススメ

間食をするならおにぎりやサンドイッチ、バナナなど持ち運びが便利な食べ物がオススメです。

おにぎりだと手軽に炭水化物を取れて、そこそこ腹持ちがいいのがポイント。バナナだと栄養価も高く、そこまでカロリーも高くないのが嬉しいですね。

 

最近だとコンビニで低カロリー高タンパク(栄養)の商品も充実してるのでオススメです。

 

まとめ:残業で運動できなくてもダイエットはできる!まずは食生活を見直そう

残業が続いてダイエットの時間が取れない!と悩んでいる人は、まず食事の取り方から見直してみてください。

太る原因は運動不足もありますが、大抵はカロリーを取りすぎている、太る食べ方をしているからです。

まずは全体のカロリーを減らして、間食を挟みつつ夜はなるべく食べないようにします。

 

同時にもしできるのであれば筋トレもオススメします。一日10分でもOK、自宅で簡単にできて効率よく痩せることができますよ!

食事一つでダイエットはグッと成功しやすくなりますので、仕事で忙しい人もあきらめずに頑張ってください!